1. 建築状況調査福生

    既存住宅状況調査の基本的な考え方

    既存住宅状況調査が中古売買時での利用を去鵜呈されるものなので、依頼主と住宅所有者が異なるとが想定されます。一戸建て、共同住宅を問わずに対象となります。調査は足場を組むことなく、少なくとも歩行その他の通常の手段により移動できる範囲や移動が困難な家具等により隠避されている対象部分をを除く箇所…

  2. 既存住宅状況調査検査人に求められる能力

    サイドサポートサービスは福生を拠点に西多摩エリア、西東京エリアを中心に既存住宅状況調査を実施しています。ここでは、既存住宅状況調査検査人に求められる能力について考えて見ます。下記を有する必要があります。知識①住宅の構造・工法・仕上げ等に関するもの②住宅の劣化事象や不具合事象に…

  3. 大規模修繕コンサルタント東京

    既存住宅状況調査技術者はどんな人がなるの?

    既存住宅状況調査技術者は既存住宅状況調査技術者講習の修了者であり、講習の受講資格から建築士の資格を有する者に限られています。これは建築物の設計工事管理が建築士の独占業務とされており、建築物の設計や調査に関する専門知識を有している事を踏まえたものであり、調査を実施できる既存住宅は建築士として設計施工管…

  4. 大規模修繕コンサル立川

    宅地建物取引業法(宅建業法)の改正

    平成28年6月に成立した改正宅建業法は、既存住宅流通市場の活性化を図る観点から、インスペクションの活用促進を通じて売主・買主双方が安心して取引できる市場環境の整備を目指しているとされています。具体的には既存住宅の主要構造部分・防水部分に関する一定のインスペクションを既存住宅現況調査として法律に位…

  5. 既存住宅インスペクションガイドライン策定の背景と目的

    既存住宅インスペクションガイドラインはトータルプランに基づき平成25年6月に国土交通省から告示されたガイドラインです。告示された当初は完全施行がまだ先だという事もあり、関係業者の注目も低かったといえますが、施行を目の前に控え大手業者を中心として既存住宅現況調査に乗り出す会社が増えてきました。これ…

  6. 防火設備定期報告東京西多摩費用

    住宅ストック数

    中古住宅流通の側面から見ると、住宅スト多く数は年々増加していますが、現在の居住水準に合わないものは、安全性に不安があるもの、修繕しない状態で居住が難しいものも多いと言われています。特に耐震性の観点から分類した住宅ストックの質(住宅の耐震化率の進捗状況)によれば、昭和56年5月以前の旧耐震基準に基づき…

  7. 不動産流通市場の現況と国土交通省による施策

    中古住宅流通市場の現状は住宅都市統計調査によてば、中古住宅流通量は年間約17万戸程度でほぼ横ばいですが、長期的にみると住宅流通市場における中古住宅流通シェアは増大傾向にあります。リーマンショック以降新築新築住宅の着工数は急的な落ち込みを見せたが、既存住宅の流通量に大幅な変化はなく中古住宅流通シェアは…

  8. マンション大規模改修

    戸建住宅の改修工事は、居住者の予定により進めることができますが、マンションでは簡単にはいきません。占有部(所有)での改修工事でも、管理組合に届け出を行い、掲示板にてお知らせ、その後着工とにります。これが、共用部(廊下・エレベータ・外壁など)になるとモット大変になります。工期・施工方法…

  9. 村長選挙

    昨日 2017年4月18日 山梨県北都留郡丹波山村、村長選挙がありました。 正確には、4月18日告示・4月23日投開票ですが、立候補者1名のため、無投票にて4月18日 17時に当選が確定しました。実は、新村長さん、私(中原弘之)が30年前より久しくさせて頂いている、福生青年会議所の先輩で舩木…

  10. 北朝鮮に対して

    4月7日 アメリカ海軍駆逐艦からシリアに向けて巡行ミサイルが発射されました。先週は北朝鮮がミサイル発射を行い(失敗との報道ですが)アメリカのトランプ大統領は朝鮮半島付近に空母等を派遣した。との報道がされました。先週14日以降、北朝鮮との開戦の有無の報道番組が増えています。北朝…

サイドサポートサービス

サイドサポートサービス

ホームサポート

ホームサポート
PAGE TOP