消費者が希望する検査項目は?

既存住宅インスペクションに関する消費者アンケートが日経BP社でインスペクションに関する調査を実施しました。
その結果で購入経験者が重視したポイントは戸建てと共同住宅にて異なりました。戸建てではシロアリの食害や雨漏りへの注目度が高く、マンションでは耐震性の有無や排水管のつまりや漏れ、錆の発生等に注目する人が多かった。

中古住宅購入経験者の中で購入後のトラブルを体験した人は約17%で戸建て住宅でのトラブル発生率はマンションよりもやや高めになっています。
戸建て住宅では排水管のつまり、雨漏りなどトラブルが多くマンションでは上位は排水管のつまり、漏れ、外壁の痛み設備動作不良などです。いずれにしてもマンションのそれは戸建てより少ないという結果になりました。

関連記事

  1. 不動産流通市場の現況と国土交通省による施策
  2. 防火設備定期報告東京西多摩費用 住宅ストック数
  3. 大規模修繕コンサルタント東京 既存住宅状況調査技術者はどんな人がなるの?
  4. 既存住宅インスペクションガイドライン策定の背景と目的
  5. 大規模修繕コンサル立川 宅地建物取引業法(宅建業法)の改正
  6. 建築状況調査福生 既存住宅状況調査の基本的な考え方
  7. 既存住宅状況調査検査人に求められる能力

サイドサポートサービス

サイドサポートサービス

ホームサポート

ホームサポート
PAGE TOP