既存住宅状況調査検査人に求められる能力

サイドサポートサービスは福生を拠点に西多摩エリア、西東京エリアを中心に既存住宅状況調査を実施しています。
ここでは、既存住宅状況調査検査人に求められる能力について考えて見ます。

下記を有する必要があります。
知識
①住宅の構造・工法・仕上げ等に関するもの
②住宅の劣化事象や不具合事象に関するもの
③建築基準法関連法規に関する知識
④検査の具体的方法に関する知識

経験
①一定の劣化事象等への該当性を判断
②建築計画や確認された劣化事象等から劣化事象等が他に発生しやすい箇所を推定
③報告書としてまとめ報告する能力

既存住宅状況調査とは

既存住宅状況調査とは既存住宅にかかる住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する、住宅の構造耐力上重要な部分等の調査のことを言います。宅建行法に規定する建物状況調査とは、既存住宅状況調査方法基準に基づく既存住宅状況調査であって、宅建業者が既存住宅の売買または交換の媒介契約時に媒介契約書に気温住宅状況少佐を行う検査業者をあっせんが可能であると記載した場合において媒介契約を締結する売主または買主があっせん基づき検査業者に依頼し行う調査です。

既存住宅状況調査は対象住宅に生じている劣化事象等の有無を確認する事を目的としており、その他のげんこうの建築基準法関連の適合や確認、耐震性や省エネ性能等の住宅の性能の程度を判断することや、隠れた瑕疵の判定等は目的としていません。

エンドユーザーの中古住宅における正常な売買を手助けするための制度として考えられています。

関連記事

  1. 大規模修繕コンサルタント東京 既存住宅状況調査技術者はどんな人がなるの?
  2. 建築状況調査福生 既存住宅状況調査の基本的な考え方
  3. 大規模修繕コンサル立川 宅地建物取引業法(宅建業法)の改正
  4. 不動産流通市場の現況と国土交通省による施策
  5. 消費者が希望する検査項目は?
  6. 既存住宅インスペクションガイドライン策定の背景と目的
  7. 防火設備定期報告東京西多摩費用 住宅ストック数

サイドサポートサービス

サイドサポートサービス

ホームサポート

ホームサポート
PAGE TOP